【時間指定不可】 SEIKO SF243B 電波掛け時計 ソーラープラス クロック セイコー 掛け時計、壁掛け時計

今季★L'Appartement Boys denim Jacket

《イタリア熟練》シルク混ニットトップス/ロロピアーナ クチネリ/dm260

【時間指定不可】 SEIKO SF243B 電波掛け時計 ソーラープラス クロック セイコー 掛け時計、壁掛け時計

【時間指定不可】 SEIKO SF243B 電波掛け時計 ソーラープラス クロック セイコー 掛け時計、壁掛け時計

MAZZER ROBUR ELECTRONIC マッツァー ローバー

SEIKO セイコー 掛け時計 KH409S

角幡 唯介 
作家・探検家。1976年生まれ。早稲田大学政治経済学部卒業。2003年、朝日新聞社へ入社。2008年退社。主な著書に『新作 HERMES カードケース カードホルダーリトルホース yellowペレペレ  レザー ジャケット 古着 00s 90s 当時物 レアオーバーサイズTRUSCO クリーンラビット 75φウレタン車SUS金具ハンドル付 CRB963HSU [CRB-963HSU][r20][s9-833]』(集英社/新田次郎文学賞)、『テーブルマット 透明 ビニール 45×150cm 厚み1.5mm 天板保護 傷防止 汚れ防止 デスクマット 学習机 クリア 日本製 国産』(集英社/講談社ノンフィクション賞)、『探検家の日々本本』(幻冬舎/毎日出版文化賞)など。近著に『スチールラック KT-5 4段 間口875×奥行600×高さ1800mm ホワイトグレー■サンワ ステンレス丸型洗浄カゴ 特大 SM40(5056969)文春オンラインにて北極探検記「極夜の探検」の連載を開始予定。

【時間指定不可】 SEIKO SF243B 電波掛け時計 ソーラープラス クロック セイコー 掛け時計、壁掛け時計

永田 (散水用)ライトブルーホース 50mm×20m(1.6MPa)(集英社、2012年)に結実する。「もともとアグルーカの時も、最初僕は、フランクリン隊の足跡をたどるよりも、実は極夜のほうをやりたかったんです」と角幡は言う(もしそうなっていたら、あの名著は生まれなかったわけだ)。

アズワン テフロン(R)プラグ付分液ロート 300mL /7-188-05

 この探検は友人で北極探検家の荻田泰永と二人で行なっている。「北極の知識と経験は荻田君のほうが。僕は初めて行ったから。でも発案者は僕で、計画の推進力になっていたのは僕。結構ちゃんと役割分担が決まっていた」。もし荻田が「じゃぁ、極夜に行ってみようか」と言っていたら、果たして最初から極夜に行けただろうか、と尋ねてみた。北極圏の1600キロ走破が、極夜より楽だとも思えない。

ミーイッセイミヤケ ファインニットプリーツ カーディガン フリーサイズ

 だから、極夜探検をやろうと思ってもなかなか適した場所が見つからない。荻田からも「その時期まだ凍ってないんじゃないか」と最初から言われていたという。

「どこで極夜の探検をしたらいいのかを探すのに時間がかかりましたね。2011年に行ったカナダのケンブリッジベイは北緯70度ぐらいで、あまり暗くないし、1カ月ぐらいで極夜の時期は終わっちゃう。昼間の5〜6時間は、太陽が地平線の下までかなり近づいてくるので明るくなるんです。そこそこ大変ではあったんですけど、ちょっと極夜的にイマイチだなと思って(笑)」

株主優待(クリエイトレストランツ)

角幡のこの極夜への偏愛はどこから来るのだろう? 最初のきっかけは、学生時代に読んだ、『SEIKO セイコー クロック ソーラープラス 電波掛け時計 SF243B』だった。イギリスのスコット南極探検隊の悲劇を描いた古典だ。

「その本の中で、極夜の時期に40日ぐらい冬の南極を旅する話があるんです。たぶんそれがすごい印象に残っていて。昔の極地探検の話って、今みたいに飛行機がなかったから船で行って、冬の間は必ずどこかで越冬するんです。その間行動しないで、船の中で橇を作ったり毛皮服を縫ったりとか準備する。で、太陽が昇ってくるわけです。『ああ、3カ月ぶりの太陽だ』といったことを言うわけです。そういうのを読んでいるうちに、『3カ月太陽が昇らないとか、何それ』って、ずっと思っていたんです」

新品未使用 VALENTINO コードレース柄 レインブーツ 40 イタリア製

【ネルデザインワークスアシモクラフツコラボ】伊勢丹M16シェラカップとフタ

新品 スピードラ SSK 可倒式アジャストレバー ブレーキ クラッチ セット

 しかし、こうした極夜への好奇心は、より直接的で分かりやすい「冒険」への渇望によって、暫くの間は脇へ追いやられていた。彼が「大学時代から人生最大の目標と決めていた」チベット、ツアンポー川流域の「空白の五マイル」の踏破をついに成し遂げると、「次はニューギニア探検に向かうつもりでいた」という。そんな彼を再び「極夜」へと向かわせたのは、ある一冊の本との出会いだった(そのことを、角幡は毎日出版文化賞書評書を授賞した『LOUIS VUITTON - 専用です!! LOUISVUITTON ポーチ 美品クリスマスミニフレームとコメカset(レッド)

チェスト アルル ARLE 幅40cm 5段 タンス 引出し 小物入れ 脚付き 収納 グラデーション カラフル ナチュラル シンプル 天然木 国産 日本製

モカ様 専用 シャネルのカーディガンコート 美品ザ・ロード』を読んだことで私の人生は大きく変化を受けることになった。本というのは人との出会いのようなもので、あのとき、あの本を読んだことで自分の人生は今このように変わった、ということがたびたび起きる。この『ザ・ロード』という本は私の人生において、まさにそのような本の代表的なものとなった。[中略]それに近い世界が現実の地球上のどこかにあるはずだと考えをめぐらせたときに浮かんだのが、雪と氷しかない極寒の極地の世界だった」〔『日々本本』〕

 廃墟と化した世界で、もはや社会規範も倫理感も失われ掠奪や殺人をためらわない人間たちの手から逃れ、わずかに残った食物を探しながら、ひたすら凍てついた荒野を南へと進んでいく父子の絆を描いた現代文学の巨匠コーマック・マッカーシーのピューリッツァー授賞作に、角幡は果たして何を見たのだろうか?

「私が『ザ・ロード』を読んで思い浮かべたのは、この『世界最悪の旅』に描かれたどうしようもないほど悲惨な極地の世界だった。この本には隊員たちが凍傷に罹り、衰弱死、そして絶命していくさまが、スコットや他の隊員の日記を引用しながら克明に記されている……その姿からは、極地に行くと人間はこうなってしまうのか……という不気味なものが感じられて、私はこの本に慄然とした。今から思うと『ザ・ロード』が私に喚起したのは、この『世界最悪の旅』の中に描かれた極地という世界が持つ終末的な虚無感だった」〔『日々本本』〕

 この「終末的な虚無感」を目指して、その後何年にもわたる、角幡の極夜探検の準備は始まったのだ。

THE NORTH FACE マウンテンパーカー ゴアテックス